日本における法律上の成人の定義や未成年の扱いについて

法律 成人

日本における法律上の成人の定義や未成年の扱いについて

日本においては民法の規定により、満20歳への到達する事で一律に成人と見做される事となります。
従って20歳に至るまでは未成年として様々な権利が制限されたり、逆に一定年齢までのみ適用される法律による保護の対象となります。
但し全ての権限を一律に制限する訳では無く、個別の法において20歳に至るまでに徐々に制限が取り払われる仕組みとなっています。
例えば16歳になると二輪免許・18歳になると四輪免許が取得出来るようになりますが、これは道路交通法に規定された内容が優先されている事に拠ります。
逆に14歳になると刑法上の刑事責任を問われるようになる等、相応の責任も徐々に問われる形となります。
また成人における例外として、婚姻を経験している未成年者が挙げられます。
成年疑制と呼ばれるこの状況においては、未成年が保護者の許可を得ねば行う事の出来ない契約行為等を自らの判断で成人と同等に行えるようになり、婚姻者の独立性を担保する目的で区分が設けられています。

法律が注意している漫画の内容

国によっては独自の文化が進化しているケースもあります。
その中では漫画の文化が注目されているため、この国でも内容に配慮することがあります。
当然のように社会に影響を与えるような内容は、出版社も上手く害がないように処理しています。
そういった会社の配慮によって今の娯楽の世界は守られています。
しかし、現代では漫画の内容が過激になっているという批判があります。
これは暴力表現や扱う話題に関する問題です。
関係する作品を作っている人間たちは、普通に社会の中で生活をしている実態があります。
そのために色々なメッセージを作品に込めているのです。
場合によってはそれが法律に関わることもあるので、社会ではより大きな注目を集めています。
一般的に漫画とは子供たちが読むものだという認識があります。
だから過激な内容や社会的に危険なテーマは避けられるのです。
仮に危険なテーマを扱っている作品が登場した場合、法律が機能して一般ユーザーの身を守ることになります。

お知らせ

一覧

日本における法律上の成人の定義や未成年の扱いについて

成人の人はきちんと法律を理解する

成人年齢が18歳以上に引き下げられる影響

日本では何歳になれば成人と認められるのか