成人年齢が18歳以上に引き下げられる影響

法律 成人

成人年齢が18歳以上に引き下げられる影響

今年の7月に、選挙権が得られる年齢を18歳以上に引き下げられる改正公職選挙法が成立し、来年の夏から施行される見通しとなっており、今年の9月には民法上の成人年齢が18歳に改めるように求める提言がされました。
民法上では、20歳までは行った法律行為を取り消す事が可能であり、未成年者として取引上で大きな保護が受けられましたが、18歳に引き下げられると、18歳以上の人がこの保護を受けられなくなってしまいます。
また、両親が離婚したという場合の養育費においても原則として、18歳までしか支払いを受けられなくなる可能性もあるため、自立が出来ないといった貧困な若者を増やす事にも繋がる恐れがあると言われています。
そういった意味でも、成人年齢の引き下げはこのような保護を受けられる期間が短くなると共に、法律上での危険なリスクを負う年齢も引き下げられる事に繋がるという事が言えます。
今後も成人年齢を18歳に引き下げる事についての見直しを行う必要性があります。

漫画で読める法律とは何か

国が平和になっていると色々な出来事も忘れるものです。
しかし、昔の人間たちが努力した結果は様々な部分に残っています。
法律の中にはそういった苦労が隠されているので、確認することで関心もできます。
また場合によっては作品の中にそのテーマを入れることも可能なのです。
漫画はこの国で発展しているジャンルなので、常に斬新なテーマが求められています。
近年では社会的なテーマも導入した作品が増えています。
その作品は子供たちがこの国の法律を学ぶためには最高の内容です。
実際に分かりやすい絵があると社会の決まりもスムーズに覚えられます。
法律をテーマにした漫画の中では、特に戦争に関する問題が取り上げられています。
このテーマは世界でも共通している雰囲気があります。
この国の作品では戦争のルールや現実を表現することで、一般人たちからより深い理解を得ています。
また個人の作品が人気になれば、分からない決まりもはっきりしていくというメリットがあります。

お知らせ

一覧

日本における法律上の成人の定義や未成年の扱いについて

成人の人はきちんと法律を理解する

成人年齢が18歳以上に引き下げられる影響

日本では何歳になれば成人と認められるのか