日本では何歳になれば成人と認められるのか

法律 成人

日本では何歳になれば成人と認められるのか

日本で子供は何歳になった時に成人として認められるのかというと、高校卒業した時や就職した時、成人式を迎えた時、20歳になった時など人それぞれ考え方があるので一概に言えません。
そこで日本の法律では「年齢20歳をもって成年とする」と規定されているので、法律上では20歳の誕生日を迎えた時です。
しかし続きがあり、「結婚をすると民事においては成年に達したものとみなす」と規定されています。
ですから女性は16歳から結婚出来るので、民事上では大人と同様の扱いになるのでややこしいのです。
例えば16歳の女性が結婚したからといって、すぐに飲酒や喫煙、被選挙権、自動車運転免許取得、ギャンブルなどが認められるわけではありません。
これらは民事上の案件ではないからです。
逆に未成年では親の同意無しでは携帯電話の契約などは出来ませんが、結婚すれば民事上の案件においては一人前の大人と同様に契約出来るというわけです。
日本の法律の年齢規定はややこしいのが現状です。
バイクの免許は16歳から、被選挙権、ギャンブル、車の免許は18歳から、飲酒喫煙は20歳からとバラバラで本当に分かりづらいです。

難しい法律を理解するには

新聞やニュースなどで日本の法律は、他国と比べてダメだ、古いと言われている場合がありますが、実はそんなことはありません。
他国とくらべてみても日本で策定される法は以下のような特徴があり、非常にすぐれたものなのです。
・キャッチアップが早い・規定が細かいこのように細かい規定がされている法律ですが、問題は一般市民にとっては勉強する時間など考えると理解するのは非常に難しいことです。
この問題を解決するために、漫画によって難しい法律をより簡単に理解しようという動きがあります。
これは、受験生が古文を理解するのに、活字の原文だけ読んでいたらよくわからないので古文を漫画にしたもので理解を深めていくという方法と同じ方法で非常に効果があります。
まずは漫画で法の全体像を理解し、そして次に活字で詳細に理解していく。
そして、最終目的である法全体の理解を深め、根本問題の議論に費やす時間を確保していく。
このような方法を導入し一般市民にとって、法というものが身近で誰でも議論に加われるものになっていくのです。

お知らせ

一覧

日本における法律上の成人の定義や未成年の扱いについて

成人の人はきちんと法律を理解する

成人年齢が18歳以上に引き下げられる影響

日本では何歳になれば成人と認められるのか