法律上「成人」を迎えれば大人、権利を得て義務と責任を負います

 かつて日本の大昔、男の成人を「元服」と呼称し11歳から16歳までの間に儀式が行われ、大人の仲間入りを果たしていました。
儀式では大人の服を着て、冠を身に着け、丁重に行われました。
 現在使われる言葉に「弱冠二十歳(はたち)」があります。
これは、冠の文字が示すように元服を意味します。
だから、普段使いで若い人のことを弱冠17歳だとか弱冠23歳と話す人がいますが、これは間違いです。
弱冠というのは20歳の男子だけを指す言葉です。
女性には使いません。
 日本では昔から大人になる儀式を大切にしてきました。
大人の仲間入りを果たした男女の成人は「飲酒と喫煙」が認められます。
さらに権利として「選挙権」も獲得します(2015年に法律の改正が行われ18歳以上と決められました)。
また、公営競技(競馬、競輪、競艇、オート)の投票券も購入できるようになります。
 権利を獲得し、責任と義務を果たす、一人前の大人として社会に迎えられます。
子供たちの手本となる大人になりたいものです。
 

お部屋のキレイはここから始める

コーター

自分のペースで働く大阪のナイトワーク

漫画の表現に対する法律とは

日本には多くの漫画が存在していますが、中には暴力的だったり刺激的なものもあります。
そういうものに対しては規制をするべきだという声もあり、ある程度は法律で制限を受けています。
ただあまりに法で制限を加え過ぎると、それは表現の自由を制約することになります。
そのため過剰な規制は行なわれてはいませんが、今でも漫画に対する規制はある程度存在しています。
またこのような出版物には同人誌もあり、日本では大きなビジネスになっています。
同人誌の場合は権利関係が難しいことが多く、アニメなどのキャラを使ったものが認められるのか議論になる事があります。
このように漫画に関する法律の話題は非常に多く、色々な形で議論が行われています。
それはそれだけこの出版物の影響が強いことを表しており、それによる影響でこのような変化が起きているのでしょう。
ただ最近はだんだん法による規制が厳しくなる傾向があるので、そういう事を問題視する意見も出てきています。

最新投稿

お知らせ

一覧

日本における法律上の成人の定義や未成年の扱いについて

成人の人はきちんと法律を理解する

成人年齢が18歳以上に引き下げられる影響

日本では何歳になれば成人と認められるのか